編物やフェルティングなんかが好き。アトピー持ちのため、基本天然素材限定ハンドメイド。ただし、いつも時間に追われている白ウサギなので、作品完成ペースはトロいです。最近、海外編み図にも手をだしたり。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ハンチング青系2個、完成しました~!
2014年05月09日 (金) | 編集 |
チャルカ(ブルー)のハンチング2



できたできた~!ハンチングが完成しましたよ~!

無事に出来て良かった。とりあえず、青系2個から完成。次はピンク系2個ですね。トップはもう出来てます。あとは勢いだよ。と、青系2個作って思った。

モンナンジュ(フォンテーヌ)のハンチング1



いろいろ変更してますが、ベルトは頭サイズにあわせて適当に編んでるし、ツバもちょっと長めにしてるし、2枚編んでフェルト芯をはさんでるし、ほんと適当です。

帽子のツバのカーブ

ツバは、上の画像のように(ちょっとわかりにくいよね)、上下で横幅を変えて編むと、自然なカーブになります。下が横幅が短いの。この糸はちょっと伸びることを考慮して、1.5センチくらい、2枚合わせる下のほうに来る方を横幅減らしてます。

顔が小さいヒトなら、こんな作業は要らないかもだけど、私は丸顔ぷよぷよちゃんなので、姑息な細工をしております。

以前、帽子の製作者(布地でミシンで作られてました)さんの製作過程を見せてくれたTV番組で見た知識です。どなたが出演されていて、なんという番組だったかは忘れましたが、コレは覚えていた。

以来、重宝させていただいております。
スポンサーサイト


 アガるショール
2014年03月27日 (木) | 編集 |
久しぶりの更新です。

相変わらず、いくつか編んではいたのですが、気に入らなくて解いたり、放置してたり、画像を撮ってないまま着用もしくはプレゼントしたり、時期外れで仕上げをちゃんとしてなかったり。

ま、今回も、ちゃんとブロッキングしてから画像撮影しようと思っていたのに、依頼主に早々に持っていかれてしまいました。

おかげで、こんな画像しか撮るヒマなし。

フリュイ1

フリュイ2

しかし、依頼主さんにはとても喜んでもらえました!

今回編んだパターンは、French CancanというRavelryで最近人気のパターン。

編んでみると、その人気の意味が良く解りました。

このパターンは、テクニックは初心者レベルで充分。表編み(K)、裏編み(P)、かけ目(YO)、2目1度(K2tog)、すべり目(Sl)、ねじり2目1度(K2tbl)、ケーブル編みができれば編める…ハズ。すべて、動画などが簡単に探せるテクニックですね。最初の作り目は、日本では見かけないテクニックなのでちょっと戸惑うかもしれませんが、イケメンニッターさんのところに画像があって、パターンにリンクが付いているので、それを見ればイケると思います。実際に堪え性の無い私でも画像を見てできた。

そんな簡単なのに、素晴らしく見栄えがします。

本体部分が編めた(これもガーター編みなので早い。増し目も端でしかしないので、すごく早い)あと、三つ編みと透かし編みのブレード部分を、糸を切らずに(!)そのまま続けて編んでいくmichiyoさんの新刊でも確かお見かけした手法。

Ravelryの超人気ニッターのrokoさんのHitofudeとか、どうやって考えるのでしょうね~。すごいなぁ!

もともとシルク系の糸を推奨しているパターンですが、コットンウールのモンナンジュでも、すばらしく上品・上等な出来上がり。
このパターンを見たとき、モンナンジュのフリュイ(このピンクの糸ですね)と、フォンテーヌ(ソーダアイスみたいな色です)で編んだら可愛かろう!と、即座にパターン購入してCOしましたよ。

パターン通りの寸法でいくと、M~Lサイズくらいの仕上がりになるかと思います。これで、多分時間があるヒトなら、1週間かからずに編めると思います。私の編み時間は1日1~2時間くらいで、毎日は無理で、途中で目の調子が悪くて中断したりしても3週間かからずに仕上がったので。

いづれ自分用に、80センチくらいのCOではじめるColonnade shawlで学んだ手法で本体部分を編んだものにチャレンジしたいです。

すばらしいパターンを提供してくれた Atelier Mademoiselle C さま、ほんとうにありがとうございました。




 トッパー転じてブランケット兼マーガレット兼大判ショール
2013年12月07日 (土) | 編集 |
Drop Blanket1

おばかちゃん炸裂です。
後ろ側をほとんど編んだところで、端のガーターが片側だけでいいのに気付いたんです。

Laraは解けない。や、出来ないことは無いけど、風合い的に、解きたくない。

ということで、父の従姉妹で、私にとっては姉のようなひとへのプレゼントにすることに。画像は、いつものモデル(笑)けんたの母さんに着て貰ってます。

本来なら、袖と前身頃に分けて編み進める部分を、そのまま分けずに、片側だけどんどん減目して、マーガレットの袖にあたる部分を編んで、端に2目ゴム編みをつけて、途中で左右対称にボタン穴を開けて終了。

あとは、袖がばさばさして邪魔な時にまとめられるように、かぎ針で紐を編んで、模様の掛け目に通してみました。

ボタンと紐は、左右でイロチにしてやりました。こういう冗談の好きなヒトなので。

困惑しやがれ、です。うひひ。

Drop Blanket2

ボタンを留めないで袖をつくらないで羽織るとこんな感じ。ほとんど見た目の差がないな~。

ボタンを前で留めて、紐まで結ぶと若干拘束風味。

Drop Blanket3

そんで、ぜんぶ外して巻くとこんな感じ。たっぷりです。

しかし、送り主は背が高く腕が長いヒトなので、多分ちょっと小さめ…かも。
以前、彼女と彼女の息子さん3人(全員180越え)に囲まれた時は、連れ去られる宇宙人になった気分でした。

今年ももう20日余りだというのに、やること目白押し。

も~、自分用トッパーはちょっと放置して、自分用真冬の帽子と自分用も含めてネックウォーマー×3枚は編まなきゃ!…絶対今年中は無理だ~。






 玉編みのキャスケット
2013年11月02日 (土) | 編集 |
かぎ針編みのキャスケット

かぶってくれているのは友人です。明るいところで撮ったから、色が飛んでますが、使用糸は
椿コットンの黒です。そして、3枚編んだうちでいちばん出来の良かったコレは、このモデルをしてくれた友人のもとに行きました。似合うんだもんな~。

かぎ針編みのキャスケット2

あとは、モンナンジュのオンブルで編んだ1枚目と、チャルカのグレーで編んだ2枚目が自分用に。今年の夏は、このグレーを被り倒しました。

手編みのマフラー・帽子&こものより、松井みゆきさんデザインです。

これもラベリーにデザインが登録されてないな~。

あたしの編むものって、なんか微妙にマイナー?

すごく編み易いし、編み図も最初だけちょっと見れば、あとは増し目が終わった当りで確認程度…という、面倒くさがりのあたしにぴったりなデザインでした。サイズ変更も自由自在だしね~。

つばの部分だけ、自分で過去のキャスケット経験と見た目から適当に変更して、テクノロートの太めのヤツを、端1段だけ編みこんであります。

つばは、ベルトからの立ち上がりのときに大幅増し目して、あとは中央辺りを中心に増し目、左右は減目中心で時々増し目。端は1段に左右で1目ずつ減目して斜行させています。眼鏡人なので、眼鏡の邪魔にならない限界までつばを編むのがポイント。
で、最後にテクノロートを端からぐるりと挟んで1段つばの周囲に編みこんで終了。

かぎ針編みだとトップダウンになるから、ほんとーにサイズアジャストがし易いです。オススメ!

 編んでないワケではないのですが
2013年10月19日 (土) | 編集 |
ケーブル模様のカーデ

気軽に編んで着たいニットより、完成品。

なんかもー、画像のUPの仕方とか、それよりなにより、ログインの仕方とか!がっつり忘れてましたよ。

使用糸は、毛糸雑貨ストアーズさんのモンナンジュの№34のフォレ。

使用針は7号で袖と襟のゴム編みだけ6号。

モンナンジュとチャルカもゲージがまったく違ううえに、XLサイズに改訂しているので、結局、34目+29目+34目で、あとで解けるCOで編み始め。

使用量は11.4玉でした。

あとから解ける作り目(本当は普通の作り目で、半分編んでから作り目から目を拾うのさ)で背中のセンターからはじめて、脇を休み目しておいて袖を編み~というパターン。

作り目から袖で分かれる部分までが37センチ。脇を33目休み目にしてから編む袖が、9センチ。

前身頃を後から解ける作り目でCOしてから19センチ編んで(多分、ここが短かった。もしくは、後身頃の袖で分かれる部分までを編みすぎた)、脇を33目休み目して袖を9センチ編む。

袖をすくいとじして、脇をかぶせはぎして。

前身頃の解ける作り目を解いて目を拾い、首の後ろにあたる部分からは76目拾って、6号針に替えて、表2目からはじまる2目ゴム編みで襟・前立部分を6センチ編む。

は~い、完成。時間があって、手がはやいひとなら、3日くらいで完成じゃなかろうか。

モンナンジュは、確かに結び目にびっくりすることはありますが(最高1玉に4個所あった)、編みやすいし軽いし色も綺麗だし、あたしは好きだな。デセールはちょっと予想と違う色だった(なんとなく赤みがかっているように見えるのさ。多分あたしには似合わない)けど、フリュイ(同じ模様でストール作成中)・ノワ・フォレ・オンブルはどれも素敵な色だった。

反省点は、XLを意識しすぎてちょっと後身頃の横幅を広くしすぎたとこ。どのくらい広くしすぎたかと言えば、時々肩がずり落ちてきちゃうくらい。
あとは、ケーブルの位置を、サイズ変更したときにもうちょっと上に上げておくんだったな。

評判は、色もあっておおむね好評。モンナンジュは綿羊だけど、サラリとしてて軽いし、北海道は夏でも日暮れると寒いから、結構着る機会がありそう。余ったフォレでキャスケットも編もう。

ラベリーに誰かパターンUPしてくんないかなぁ…やりかたすっかろ忘れちゃったよ。

他にもいろいろ編んで完成はしてるのですが、手元になかったり画像撮る前にガンガン使用しちゃったり(主に帽子ちゃんたち)でUPってませんでしたが、無事に棲息してはいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。