編物やフェルティングなんかが好き。アトピー持ちのため、基本天然素材限定ハンドメイド。ただし、いつも時間に追われている白ウサギなので、作品完成ペースはトロいです。最近、海外編み図にも手をだしたり。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 こんな姿でごめんなさい。
2014年04月26日 (土) | 編集 |
ハンチングのトップ

ハンチングのトップ、まだ編みっぱなし状態ですが、とりあえず3枚。あと1枚編んだら、組立てます。

サイドとツバとベルトはかぎ針編み。ピンクのはサイドできてます。

組立ても、引き抜き編みで組んじゃおうかな~と思ってます。すくいとじで、綺麗に仕上られるか不安(笑)だし。



もともとかぎ針編み出身(?)みたいなものなので、かぎ針に抵抗は無いのですが、あんまりがんばると、

かぎ針は腱鞘炎が再発しそうなんで、帽子以外には挑戦しないかな。


ほんとはアンダリヤでバッグとかも編みたいんですが、あれはほんとーに指先やら手首やらにくるので、

あちこち故障を抱えつつあるミドルエイジにはキツイですわ。


う~ん、でも欲しい。つーか、欲しくてアンダリヤは買ってあるの。既に二年モノ(笑)

醸されてるかしら?


麻紐を編んでた頃が嘘のようだな~。



月曜、ピエロしゃんからフェルトツバ芯(ハンチングはツバ芯じゃないとダメでしょう。プラ板を切る元気は無いし)が

多分届くと思うので、GW後半で組み立てて仕上たいな。とりあえず、今晩辺り、トップの水通しします。



使用糸は、上の2枚がモンナンジュで、下の1枚がコットンツイードチャルカ。

絹か麻の糸も考えたんだけど、夏の帽子は洗う頻度が多くなるので、チャルカにしました。もう一枚も、チャルカの

ピンクだし。

去年チャルカのグレーで編んだかぎ針編みのキャスケットが、結構がんばってくれてます。今年も現役。



ところで、ピエロしゃんの決算セールで、来年のお年始用の毛糸を買いましたよ。どんだけ鬼が笑うんだっていう

話ですが。毎年、小物を編んでお届けしている知人のところに、この年末は、ネックウォーマーと、ハンチング(笑)を

編むつもり。う~ん、いまならまだ、ハンチング編めるかな。まだ桜も咲いてないんですよ、北海道。

ま、例年当家の辺りの桜は、GW明けなんですけどね。
スポンサーサイト


 春夏用ハンチングまとめ作成中
2014年04月12日 (土) | 編集 |
神経性脱毛症(胃腸が丈夫なので、ストレスがこっちにくるのですよ)も3回目になると、

髪の生えてくるタイミングもなんとなくわかるもんです。

で、後頭部はすっかり生え揃ったので、先の冬からはハンチング解禁。


なので、現在、春夏用のハンチングを量産中。なんでまとめて作っているかというと、

ハンチングの私的山場は、組立て時。まとめてやれば、なんとか完成するだろうという。


で、まあ、一番楽なハズのトップから編んでるのですが…


ハンチング作成失敗1

むむ~。左右の透かし編みが違いすぎる~!


物事あんまり気にしない方の私でも、これはちょっと許せないレベル。


もともと、先に編んだFrench Cancanという超キュートなショールの模様でハンチングのトップを

編んでやろうと思ったワケなんですが、左右対称の模様じゃないのね。ショールの端のブレードだから。


それを改竄してみたんですが、根本的に何かを間違っているということに気付きましたよ。


左右非対称の模様をしばらく眺めてるうちに、なんとなく原因が掴めてきました。


これって、k2togを、片方sskにすれば良いのでは?


海外パターンでは、藤編みなんかも全部k2togで通しちゃってるものも多いんですが、日本のパターンだと、

k2togとsskで半分ずつ編んで、きちんと模様を中央に寄せる手法がスタンダード。


ってことは、三つ編みの後からのk2togを、sskにしてお試し。

ハンチング作成失敗2

あっ、画像が小さい。

気になる方がもしいらっしゃったら、クリックして見てくださいね。目が揃ってなくてアレですが(汗)。


画像の、下半分が全部k2togで編んでいた時のもの。

上半分が、向かって右側の二目一度をsskにしたもの。


前より、かなりましなような…。なんかまだちょっと違うような気もするけど、これくらいなら許容範囲。


もともと、三つ編みの向きも逆かな~と思っていたので、一端解いて、後頭部側から編み直します。


使用糸は、モンナンジュのフォンテーヌ…だったかな。画像ではうまく出ていませんが、

綺麗なソーダアイス色(笑)です。


ほんとはショールもこの色で編んでしましたかったのですが、私の手では到底間に合いません。とほほ。






 そろそろマイナスだというのに、編みかけトッパー。
2013年11月16日 (土) | 編集 |
編みかけトッパー

北海道は、そろそろ本気な冬の気配が漂ってきましたよ。うちの辺りでは、最低気温がマイナスで、最高気温も10度以上にはならなくなってきました。

そんな時にナニをやっとるかというと、まだトッパーが編みかけ。

オイラの仕事は、いつも大体2ヶ月遅れくらいなのね~。

この時期には、もうこのトッパーを着ていて、編んでいるのは最高寒い時期(1・2月くらい)用に、オーバーやジャケットの下に着るニットカーデやベストとか、オーバーの上から巻けるショールとか、ジャケットの首が開いてると寒いのでそこを塞ぐ用のネックウォーマーとかが望ましいのに~。

着たい 編みたい!!手編みのニットより、2WAYトッパーです。上下返して着れるヤツ。この本も、もう廃刊なのね~。

以前、イチカワさんのバーゲンで見つけた鮮やかなパープル(ま、バーゲンで他に選ぶ余地が無かったのね)の糸で編んだこのトッパーが、なかなか具合が良かったのと、ヘビロテで結構痛んできたのとで、もう1枚編んどこ、と。

選んだ糸は、似たような感じで、Laraです。
ピエロ姉妹で出してる輸入糸ですね。今回はストアーズさんのリンク。パカブレンドで、綿57%パカ43%。若干チックリはありますが(個人的に、大人パカでは多少のチックリがあるのが普通だと思ってる)、上に着るものなので問題は感じないな。エアリーで軽いから、多分暖かいと思う。
毛足はありますが、編みずらいってほどじゃないかな。毛もあまり飛び散らないし。解くのも、編む時に毛足を引っ掛けないようにして編んでいれば、普通に解けます。

本では、背中の中心から、後で解ける作り目をしてスタートなのだけれど、それだと袖と前身頃に分けて編んだ状態の片方に、もう片方を付け足していく感じになって、かさばるし邪魔だしで前回で懲りているので、今回は袖と前身頃に分ける前の後身頃部分を一気に先に編んでしまうことにしました。
大体、1mくらい(笑)。いまは、80センチくらいかな。

サイズアジャストも、前回編んだものとほぼ同じでいいと判っているし、ゲージもだいたい同じだし。

今回は、袖をもうちょっと細くしたいかな。変更点はそれだけです。

最近はよく見かけるようになってきたこういうトッパーだけど、この本のはかなり優秀なパターンだと思うな。この本、実際、コレだけのために買ったようなものだし。ま、手が遅いあたくしの戦績(完成したものね)から考えると、1冊の本で完成が2枚もできるのは珍しいので、この本は買ってよかったってことでしょう。

次の連休までには完成させたいな~とは思ってるんだけど、来週はなんだかイレギュラーな仕事が入ってきて忙しくなりそうだし、ちょっと無理かも。

でも、12月になったら寒過ぎて着れなくなっちゃうよおおおん(涙)

 アラン模様の小もの より ケープ編んでます
2012年09月01日 (土) | 編集 |
今年、7月から8月前半にかけて、地元は25℃くらいまでにしかならない涼夏の風情だったのをいいことに、

編み始めたケープ。

もちろん、そのままだとサイズに問題(笑)があるので、去年のもっふぁんで、14号針で編み始めましたよ。

かのこ編、本来なら18目で10cm。私は14目で10cm。

しかし、ローゲージ気味なので、目数は254目くらいで作り目した気がします。

いま、半分くらいまで。

今年の秋にはなんとか着れそうです。っていうか、あと半月もしたら出番だよ。北海道の秋は、あっという間だよ。

ま、真冬になったら、薄手のオーバーの上に着るけどね(笑)。

 コーン巻き編みカゴ
2012年08月28日 (火) | 編集 |

編んではいるんですよ~。ただ、画像を撮る前に人手に渡ったり、自分で使い倒したりしちゃうので、なかなか書き込むのに至らないのね。

そしてワタクシは日記を付けらんないヒトなの。

編みあがった物をなかなか出せないのは、私が糸始末が苦手で大嫌いなせいもあるんです。

だから、巨大コーン巻き大好き。

しかし、これ立てて編むのはなかなか難儀なので、横にして、重量もあるので、パネルはカゴ状にしてみました。
すべて100均で材料揃うし、簡単。
テープヤーンなんかもこれでイケるかもね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。